薄板精密板金の高精度組み立てについて

 「 産業機器・装置 精密板金加工.COM 」を運営する株式会社東海進研は、複合加工機をはじめ、NCタレパン、レーザー加工機、高性能なプレスブレーキなどを保有しており、お客様のニーズに合わせてフレキシブルな精密板金加工品の製作を行っています。また、精密板金品の中でも、特に製作が難しいとされる薄板の精密板金加工品に製作に強みを持っています。薄板の精密板金加工品の場合、溶接組み立てを行うと熱による歪みが発生しやすいなどの性質がありますが、カシメでの組み立てや溶接レスの組み立てにより、歪みをなくし、徹底した品質管理を行っています。

薄板精密板金の高精度組み立ての特徴

 東海進研の精密板金加工は薄板・薄物を取り扱うことが多く、数多くの製品納入実績を誇っています。機器や装置類になると組み立て加工も発生し、組み立て加工方法は溶接や締結部品の活用、嵌め合いによる組み立てなど複数あります。薄板・薄物の精密板金加工品は、溶接組み立てを行うと熱による歪みが発生しやすいという特徴がありますが、溶接熱や圧力による変形やズレを考慮した設計を行うことで、最終的には高品質な精密板金加工品を作ることができます。また、そのような歪みを考慮した設計だけでなく、カシメでの組み立てや溶接レスの組み立て方法の考慮によって、歪みを最小限に抑える加工も実現可能です。高度な技術が必要な薄板精密板金の組み立てに関しては、東海進研にお任せください。

<薄板精密板金の高精度組み立ての特徴>
特徴①

薄板精密加工品の歪みを考慮した特別設計対応

特徴②

高精度かつ高剛性な組み立てが可能なカシメ加工

特徴③

溶接レスの組み立て方法を考慮して歪みを最小限にする設計対応

 東海進研は、精密板金加工品の納入には多くの実績がありますが、精密加工品の中でも、特に薄い板の場合には、歪みや角穴の変更などの注意が必要になってくるケースが多いです。そのようなことがないように、加工や保管方法への注意喚起は徹底しております。以下では、薄板の精密板金品の加工組立の様子を紹介してます。



<薄板精密板金加工組み立ての様子>
装置・機器の機構部品の組み立て1
装置・機器の機構部品の組み立て1
装置・機器の機構部品の組み立て2
装置・機器の機構部品の組み立て2
装置・機器の機構部品の組み立て3
装置・機器の機構部品の組み立て3
装置・機器の機構部品の組み立て4
装置・機器の機構部品の組み立て4

産業機器・装置 精密板金加工.COMによる「 薄板精密板金組み立て 」の製品事例

 株式会社東海進研の社内で製作した薄板の精密板金組み立て品の一部の例です。複雑な形状で精度出しが困難、歪みが発生しやすい製品が多いのが特徴ですが、「 産業機械・装置 精密板金加工.COM 」のサービス力と技術力により、高精度での加工を実現しております。

薄板精密板金の高精度組み立て